血便、おしりから出血があった場合には|井の頭通りこう門科胃腸科

血便とは

消化器・直腸・肛門などからの出血が混ざった便が血便です。黒褐色や鮮やかな赤みがあり、目で見てわかる血便と、検査でしかわからないものがあります。べたつきがある粘液に血が混じっていれば粘血便と呼びます。

考えられる要因

食あたり

食べたものが細菌などで汚染されていた場合に、腸の内部で炎症が起こり、細胞がダメージを受けて出血した結果として血便が出ることがあります。腹痛、発熱、下痢、嘔吐などが伴うケースが多くみられます。原因として知られている細菌には、サルモネラ菌(鳥やたまごに多く生息)、腸炎ビブリオ菌(主に生の魚介に生息)、O157(病原性大腸菌)、カンピロバクターなどがあります。

血便の要因となる疾患

痔、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃腸炎などの疾患にかかっている時には血便が出る場合があります。大腸がんでも血便が出る場合がありますが、病気の初期状態であれば目で見て分かるものではありません。潰瘍性大腸炎であれば、粘度が高い粘血便、あるいはそれに膿が混在した粘血膿便が出るケースもあります。

血便を伴う疾患

裂肛(切れ痔)、痔核(イボ痔)

排便の際にあざやかな血が出ている場合は痔による出血が原因かもしれません。この病気は、うっ血した肛門や直腸の粘膜が、排便の際に傷がつくことで発生します。状態としては、排便後にぽたぽたと血がしたたる、便の表面に血がみられる、おしりを拭いた紙に血がついている、などです。場合によっては吹き出すように血が出ることもあります。

胃潰瘍

本来胃の内部は、高い酸性を持つ胃酸や胃の消化酵素から、胃の粘膜を守る機能を持っています。しかし過度のストレスを受けている時や、ピロリ菌、非ステロイド性消炎鎮痛剤、ステロイド薬などの作用で胃粘膜がダメージを受け、粘膜の一部に欠けが生じ、胃酸・消化酵素によって胃壁を自己消化し始めると胃潰瘍になります。これによって出血すると、その血液は食べ物と一緒に腸を経由して排出されるので、コールタールのように黒く変化した血が混じった血便が出ます。吐血や、食後にみぞおちの周辺がしくしくと痛む、などの症状もあります。

十二指腸潰瘍

潰瘍に至るメカニズムは胃潰瘍と同様で、過度のストレスやピロリ菌、薬の作用によって、胃の粘膜がダメージを受けて、胃酸・消化酵素が十二指腸の壁や粘膜を消化することで起こります。排便時にはやはりコールタールのような黒い便として排出されます。若い世代は胃酸の分泌が活発なため、比較的発症しやすい傾向があります。症状として夜間や早朝などの空腹のときに、腹部が持続的に痛むことが知られています。

潰瘍性大腸炎

大腸の粘膜がただれたり潰瘍ができたりする炎症性疾患です。近年、著しく増加傾向にあります。20歳代の若者に多く見られ、再発の可能性も高い病気として知られています。自覚症状としては、下痢と共に粘血便がみられます。重くなると、腹痛や発熱を伴い、手術を必要とするケースもあります。

大腸ポリープ

大腸ポリープは、大腸の粘膜にイボ状の塊ができる病気です。大腸の下部にあるS字結腸、直腸に多く発生します。初期状態では自覚症状は見られませんが、大きくなると腸の内容物によってポリープの表面が刺激され、出血と腹痛を伴うようになります。大部分は良性の状態で発見されますが、がん化するケースもありますので、定期的に検査を受けることを推奨します。

大腸がん

大腸の上部・結腸に発生し、初期の状態には自覚症状がほとんどありません。血便も検査すればわかりますが、肉眼で確認することは不可能です。進行すると、はっきりと目視できる血便が出たり、排便後の出血があったりしますが、多くの方は痔だと思ってしまいがちです。血便、腹部のしこり、便が細くなる、便秘や下痢、腹痛などがある時は、早めに医師の診断を受けることをお勧めします。

検査について

上記のような症状がある場合は、しっかりとした検査が必要です。便潜血検査を行う場合もありますが、陰性でもより詳しく調べておくほうが良いでしょう。
検査には大腸カメラ(大腸内視鏡検査)を行います。

大腸カメラについて >

生活の中でできる予防

定期検診

大腸がんは初期の状態では自覚症状がありませんが、早い段階で発見し、早期に治療を行なえばほとんどの方が完治することが可能な病気です。検査をする場合は、同時に胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因であるピロリ菌に感染しているかどうかも確認することができます。

検査は非常に簡単で、吐いた息で検査する方法もあります。定期的に検査を受け、重篤な状態になることを避けましょう。

ピロリ菌の検査・除菌治療

ピロリ菌の存在が確認された場合、胃酸の分泌を抑制する薬と、抗生物質によって除菌できます。これを行うことで、慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどのリスクを低減することができ、潰瘍の再発も抑えることも期待できます。

血便、おしりから出血が合った場合の対処方法

血便は痔ではないかと自己判断してしまいがちですが、大腸がん、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの重い病気である可能性もあります。血便とともに、腹痛、吐き気、嘔吐、発熱などがみられた場合は、できるだけ早い段階で内科、消化器科、胃腸科で検査診断を受けましょう。

Tel.03-5336-8550お問い合わせ

診療時間

診療時間 日祝
【午前】9:00-12:00 
【午後】16:00-18:00
【大腸内視鏡検査】12:30-16:00

休診日:水曜日・日曜日・祝日
※緊急の場合は、火曜・金曜でも大腸内視鏡検査を行います。
※土曜日午前:NTT東日本関東病院の内視鏡部長 大圃先生のグループによる大腸内視鏡検査を行っております。
●<女性医師による診療>
月・火・木・金曜午後は女性医師による診察を行っております。

■土曜午後は、大腸肛門病専門医の代診となります