便潜血陽性と精密検査(大腸カメラ)について

大腸がん検診における便潜血検査と大腸カメラ

大腸がん検診を受けましょう

大腸がんと聞くと「怖い病気」だと思う方が多いと思います。ですが、この病気は早い段階で発見し、早期に治療を行なえば、ほとんどの方が完治する病気として知られています。

ただし、この病気は初期段階では自覚症状がほとんどないので、発病していることに自分自身が気付くのは困難であることが特徴でもあります。また血便に気付いたとしても、痔と決めつけてしまう人もいて、大腸がんと気付かないうちに進行してしまうこともあります。そのため、定期的に大腸がん検診を受けることが重要なのです。

言い換えれば、治療によって完治が可能な病気であるという知識がなく、検査を受けた方が良いという意識が無い人こそが、「大腸がんは怖い病気」だと思っているということです。

便潜血で陽性がでた場合

大腸がん検診を受けると「便潜血陽性」と言われることがありますが、それはいったいどういうことなのでしょうか。便潜血というのは、目で見ても分からない程度の血が便に含まれている、ということです。体内の状態としては、食道、胃、腸、肛門などの消化管のどこかで出血している可能性があるということになります。

この検査で陽性と診断されたからと言って、即座に大腸がんと思い込み、「大病にかかってしまった、どうしよう」と必要以上の不安を感じる必要はありません。実際に潜血がみられる病気の代表的なものは、大腸ポリープか大腸がんです。しかしその多くは良性の大腸ポリープですし、潜血のレベルで見つかる大腸がんなら、まだ進行していない初期的な状態である可能性が高いので、ほとんどのケースでは切開手術を伴わない治療で完治することができます。

便潜血陽性と言われた後の2次検査=大腸カメラ(大腸内視鏡検査)

「便潜血陽性」と言われた場合、2次検査を受けることを推奨されますが、そこでは大腸内視鏡検査を受けることになります。

この時、できるだけ熟練度と技能が高い医師のもとで検査を受けられることをお勧めします。その理由は医師の技能が低い場合、受ける方にとって非常に大きな苦痛を伴うことがあるからです。また、熟練度が低い場合、残念ながら高度異型腺腫などの病変の見落としがあることも考えられます。

「高度異型腺腫」とは、その段階では「がん」とは呼ぶレベルには至っていないものの「がん」に近い存在で、放置すると「がん」になる可能性があるものです。せっかく検査を受けるのであれば、できるだけ技能が高い医師を探してしっかりと安心できるような検査を受けましょう。

前項でも記載しましたが、この便潜血の段階で見つかっていれば、大腸がんであっても早期の状態であることが多く、治療が可能ですから、過度の不安をいだく必要はありません。実際に早期の大腸がんや高度異型腺腫はほとんどの場合が完治しますし、しかもその治療は内視鏡で行うことが可能ですので、切開を伴う手術を行う必要もありません。

なお、検査によって大腸ポリープが見つかる場合もあります。これは良性ではあっても、放置しておくと大腸がんになる可能性がありますので、早めに治療を行うことをお勧めします。方法としては、初期の大腸がんと同様に、内視鏡を用いた治療が可能で、切開手術を行うことはありません。

ただし、大腸がんがある方の全てが大腸がん検診で陽性と診断されるわけではありません。2日間連続検査法を使用しても、発見率はある程度進行したがんの場合は90%程度であり、早期状態なら50%程度と言われています。これを踏まえて、陽性が出なかったら絶対に大丈夫、という訳ではないということは知っておいた方が良いでしょう。

大腸カメラについて >

まとめ

大腸がんは定期的に検査を受けていれば恐ろしい病気ではありません。その要点を以下にまとめます。

●大腸がんは初期症状がほとんどないので、自分で気付くことは難しい
●大腸がん検診を受けて早期発見すれば完治できる
●大腸がん検診には便潜血の検査と大腸カメラ(大腸内視鏡検査)がある
●各検査は簡単に終わる
●検査で陽性と言われても必ずがんという訳ではない
●大腸がんの確率はそれほど高くない
●がんであったとしても切開手術の必要はない
●ただし大腸がんにかかっていても検査で絶対に見つかるとは限らない

大腸がんは、とにかく定期的に検査を受けていれば恐れる必要はない、ということをご理解いただけたかと思います。逆に言えば検査を受けていなければ、進行してから発見されることになるので治療も難しく、症状も重篤になります。検査を受けて便潜血が陽性と言われても、それを「大腸検査を受ける良い機会」と考えて、ポジティブに取り組みましょう。

Tel.03-5336-8550お問い合わせ

診療時間

診療時間 日祝
【午前】9:00-12:00 
【午後】16:00-18:00
【大腸内視鏡検査】12:30-16:00

休診日:水曜日・日曜日・祝日
※緊急の場合は、火曜・金曜でも大腸内視鏡検査を行います。
※土曜日午前:NTT東日本関東病院の内視鏡部長 大圃先生のグループによる大腸内視鏡検査を行っております。
●<女性医師による診療>
月・火・木・金曜午後は女性医師による診察を行っております。

■土曜午後は、大腸肛門病専門医の代診となります