慢性胃炎(萎縮性胃炎)と急性胃炎の原因と治療

胃炎とは

「胃炎」とは、何らかの原因によって、胃粘膜が本来持っている胃酸によるダメージを防ぐ機能が低下したときにおこる病気です。

胃の内部には食べたものを消化するための胃酸が分泌されていますが、胃酸とは、実はpH1~2という強い酸性を持つ塩酸です。これによって、消化だけでなく人間にとって害になるような細菌や微生物を死滅させる効果も持っています。

この強力な酸に対しても、健康な状態であれば胃は特にダメージを受けません。それは粘液によって胃の粘膜に直接触れることが無いように守られているからです。さらに、何かの都合で傷がついたとしても胃粘膜はそれを修復する機能も有しています。

しかし、極端な味付け、強い刺激、激しい温度差がある飲食を行った場合、防御機能の限度を超えることがあり、炎症を起こしてしまいます。また、胃の機能は不安やストレスなどの精神的働きによって大きく影響を受けることは、昔から広く知られています。仕事や対人関係のプレッシャー、受験への不安などで胃が痛む、という経験をしたことがある方は少なくないはずです。

胃炎の初期状態では、粘膜がただれる「びらん」という状態がみられます。これがさらに進行すると胃粘膜の修復する力の低下が続き、粘液も少なくなっていきます。これによって胃酸が胃粘膜に直接あたると自己消化を始め、やがては潰瘍になります。

胃炎による症状は、以下のようなものがありますが、他の重篤な胃の疾患と似ていますので、早めに検査・診断を受けることを推奨します。

急性胃炎

胃痛、みぞおち近辺の痛み、膨満感および不快感、胸やけ、むかつき、嘔吐、出血、下血などが急激におこります。

慢性胃炎(萎縮性胃炎)

空腹のときに胸やけがする、食事の後にむかつく、胃がもたれる、食欲不振など、またほとんど症状が無い場合もあります。

胃炎の原因

慢性胃炎と急性胃炎では、その原因は違います。急性の場合、最も多いのは暴飲暴食かアルコールの過剰摂取です。食事であればトウガラシやスパイスなど刺激性があるものの取りすぎもありますが、それ以外では薬の影響、激しいストレスなども考えられます。

慢性胃炎(萎縮性胃炎)の多くは、ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)という細菌への感染が引き起こしています。ピロリ菌は強力な塩酸が満ちた胃の中でも死滅することが無く、感染すると持続性がある炎症を起こします。これが慢性胃炎です。これにかかると胃粘膜が萎縮し、それによって胃がんの可能性が10倍以上に跳ね上がると言われていますから油断できません。人から人へと経口感染しますし、井戸水からの感染もあります。日本は先進国の中ではピロリ菌への感染率が高く、多くは5歳までにすでに感染してしまいます。しかし近年は若い世代には減少していますし、現在ではピロリ菌を一掃する除菌治療も可能となっています。

検査について

問診をして、胃の調子が悪い、胃がもたれる、食欲不振、などの症状がある場合は、胃カメラ(胃内視鏡検査)を実施して検査を行います。胃炎の原因を特定して治療にあたっていきます。

胃カメラについて >

胃炎の治療

検査診断についても、急性胃炎と慢性胃炎では大きく異なります。

急性であれば、痛みなどの症状の確認と共に、飲食したものの内容や量、服用薬などを問診によって明確にして対処します。様子によって内視鏡を用いて胃の粘膜を直接確認し、びらんや潰瘍があるかを診ます。

慢性の場合は内視鏡による検査は必須です。状態が進んでいれば胃粘膜が分厚くなっていたり(肥厚)、萎縮していたりといった症状が確認されます。より進行していれば萎縮性胃炎という状態になっていることもあり、この場合は胃壁が薄くなって血管が透けて見えます。こうなると解消は難しく、胃がんに発展する場合もあります。これを踏まえて、胃炎は油断することなく早い段階で検査・治療を受けることをお勧めします。

検査・診断が終われば、急性・慢性ともに薬物による治療を行います。原因を究明してそれを除去しつつ、生活習慣を改善することも必要です。

薬物療法

治療については急性・慢性ともに薬物療法が中心です。胃酸の分泌を抑える薬、胃粘膜の修復を促す薬、胃の運動機能を改善する薬などを、症状や体質を見極めて処方します。

胃炎については市販薬も数多くありますが、胃潰瘍や胃がんの可能性も無視できませんので、専門性がある医師の診察を受けましょう

ピロリ菌の除菌治療

慢性胃炎の場合はピロリ菌に感染しているかどうかを調査して、感染が認められれば除菌治療を受けられることを推奨します。この確認は内視鏡検査の際に行うことができます。除菌治療も服薬のみで、胃酸の分泌を抑える薬と抗菌薬を7日間続けていただきます。

この治療の成功率は100%ではありませんが、6週間以上が経過してから再検査を受けて除菌ができていなければ、薬を変えて再度除菌を受けられることも出来ます。多くの方が2回受ければピロリ菌の除去に成功しています。

生活習慣の改善

生活習慣としては、コーヒー、濃い緑茶、紅茶、刺激が多い香辛料、脂質が多い食事は控えた方が良いでしょう。アルコールの過剰摂取や暴飲暴食も好ましくありません。

また、生活の中でストレスが多い場合はその解消を心がけ、過労を避け、十分に睡眠をとることに注意し、できるだけ規則正しい生活をしましょう。

 

Tel.03-5336-8550お問い合わせ

診療時間

診療時間 日祝
【午前】9:00-12:00 
【午後】16:00-18:00
【大腸内視鏡検査】12:30-16:00

休診日:水曜日・日曜日・祝日
※緊急の場合は、火曜・金曜でも大腸内視鏡検査を行います。
※土曜日午前:NTT東日本関東病院の内視鏡部長 大圃先生のグループによる大腸内視鏡検査を行っております。
●<女性医師による診療>
月・火・木・金曜午後は女性医師による診察を行っております。

■土曜午後は、大腸肛門病専門医の代診となります