大腸ポリープ切除(日帰り手術)

大腸ポリープとは

ポリープとは、大腸や胃の粘膜の一部が隆起した症状の事を言います。胃にできるポリープのほとんどは良性なので危険性が少ないのですが、大腸にできるポリープの多くは癌に進展する危険性があるので、検査等で発見した場合には見つけ次第切除する事で癌の進行を防ぐ事ができます。

 

大腸ポリープの種類

大腸ポリープには次の種類があります。

腺腫性ポリープ

大腸に見られるポリープで最も多いポリープです。大腸に発症するポリープの80%程は腺腫性ポリープです。1cm以上の大きさになる場合もあり、腺腫が前がん状態となり、放置すれば癌化する危険性が非常に高いポリープです。検査時に発見された場合は、その場で切除する事をお勧めします。

過形成性ポリープ

胃のポリープ同様に良性と判断される種類のポリープです。直腸に見られる、大きさが5mm以下、癌化していなければ切除不要です。ですが、右側結腸にみられる場合は6mm以上の大きさになると癌化する危険性がある為、内視鏡で切除します。

炎症性ポリープ

炎症性ポリープは非腫瘍性ポリープなので癌化や転移する危険性は殆どないと考えられています。しかし、炎症性ポリープが発症した部分は長期間強い炎症に襲われていた事になり、粘膜に大きな負荷が長い時間かかり、他の病気を発症する危険性もあります。

若年性ポリープ

若年性ポリープは、単発例で癌化する危険性はほぼありません。しかし、多発例の場合は20%程の確立で癌化すると考えられています。

大腸ポリープの症状

大腸ポリープは発症してもほとんど自覚症状がありません。ですが、ポリープが肥大化し大きくなると排泄時に出血を伴う、下痢、腹痛、腹部の張り等の症状が現れます。

大腸ポリープ切除(治療方法)

大腸ポリープは、ポリープができた場所、数、大きさによって切除するか経過観察か医師が判断いたします。大腸ポリープを切除する場合、内視鏡を使って切除します。癌化を防ぐには早期発見、早期治療が重要です。

ポリペクトミー

ポリペクトミー内視鏡の先端部分に装着した輪状のワイヤーをポリープにかけ、ワイヤーを徐々に締め、電気を流しポリープを焼き切る治療方法です。日帰り手術にて施術可能です。

EMR(内視鏡的粘膜切除術)

EMR(内視鏡的粘膜切除術)ポリープの形状が平坦でワイヤーをかけにくい場合には、ポリープ付近の粘膜下層に生理食塩水を注入し病変の形状を変化させます。変化させた後はポリクトミーと同様の操作を行い、ポリープを切除します。日帰り手術も可能ですが、場合によっては入院を伴います。

大腸ポリープ切除の流れ

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)を実施した際に、切除が必要な大腸ポリープが見つかった場合、その場で切除するのが一般的です。

外来(初診)

初めに問診・診断を行い、患者様の健康状態を把握します。

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)

検査の前日は当院からお渡しする下剤を服用していただき、体を休めてもらいます。検査当日に来院していただき、内視鏡検査を行います。検査中にポリープが発見された場合は、その場で切除を行います。基本的に日帰りで検査・手術を行いますが、ポリープの大きさが2cm前後の場合は入院を伴う事があります。

帰宅

検査・術後に体調不良や異常がみられないようであれば、その日の内に自宅に帰っていただきます(前述したように入院していただく場合もあります)検査・手術時に麻酔を用いた場合は、当日の車の運転は控えていただく事になります。タクシーや患者様以外の運転、公共の交通機関を用いてご帰宅ください。

自宅療養

ご自宅にて安静にしていただきます。手術後2~3日は消化に良い物を摂取するよう心がけてください。激しい運動、仕事、アルコールといった身体へ負担のかかるものは、1週間は控えるようにしてください。

ポリープを切除した人の注意事項

※1週間は、刺激物・アルコール類・脂っこい物は避けて消化の良い食事をしてください。
※1週間は、旅行・スポーツは控えて下さい。

治療費について

あくまで目安の金額となります。治療内容、入院日数によって多少異なることがありますので、予めご了承ください。

大腸ポリープの切除:健康保険適応の患者様3割負担で20,000円~30,000円程です。
入院費用:治療人は別途で一日当たり8,000~10,000円程発生します。
大腸の内視鏡検査:健康保険適応の患者様3割負担で5,000~10,000円程です。
※内視鏡検査は検査内容によって金額が変わる事をご了承ください。

高額療養費制度

治療で月間の医療費が高額になれば、「高額療養費制度」を使う事で費用の一部を払い戻す事も可能です。

任意保険について

患者様が任意保険に加入されているのであれば給付金を受け取れる場合もあります。
※契約内容を保険会社様に確認していただく必要がございます。

Tel.03-5336-8550お問い合わせ

診療時間

診療時間 日祝
9:00-12:00
16:00-18:00

休診日:水曜日・日曜日・祝日
●<女性医師による診療>
月・火・木・金曜午後は女性医師による診察を行っております。

■土曜午後は、大腸肛門病専門医の代診となります