ピロリ菌の治療

ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)とは

ピロリ菌は胃の粘膜に住み着く悪性の菌で、十二指腸や胃の病気の原因になると言われています。
ほとんどの場合、ピロリ菌に感染した時点では自覚症状はありませんが、感染が続くと感染範囲が拡大し、慢性胃炎(ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎)が進行します。慢性胃炎が続くと、胃がん、萎縮性胃炎、十二指腸潰瘍、胃潰瘍、血液疾患など、十二指腸や胃だけでなく全身の病気に発展すると考えられ、特に胃がんになる可能性が高いと言われています。

ピロリ菌は一度感染してしまうと薬で除菌しない限り自然治癒はしないため、感染しているかどうか検査を受け、除菌することをお勧めします。

ピロリ菌の感染原因

現時点ではピロリ菌の明確な感染原因は判明していませんが、多くの場合は、食べ物や飲み水を通して口からピロリ菌が侵入し、感染すると考えられています。ピロリ菌に感染するのはほとんどが5歳以下の幼児期だと言われています。ピロリ菌に感染している大人から子供に食べ物を口移しすることで感染する場合もあります。

ピロリ菌感染時の症状

ピロリ菌感染時の症状ピロリ菌に感染していると次のような症状が現れます。

  • 空腹時の痛み
  • 胃もたれや吐き気
  • 食欲不振
  • 食後の腹痛

心当たりがあれば一度当院までご相談ください。

ピロリ菌と胃がんの関係

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎の症状がある人は、既にピロリ菌に感染している場合もあり、症状が慢性化すると萎縮性胃炎を発症し、最終的に胃がんになる可能性があります。

ピロリ菌検査から除菌まで

ピロリ菌の除菌療法を行う前に、除菌療法の対象になっている病気があるか確認します。その為、事前に内視鏡検査を受ける必要があります。慢性胃炎、十二指腸潰瘍、胃潰瘍の症状が見られるかどうか診断を受け、確認後に追加検査でピロリ菌に感染しているかどうか検査します。

ピロリ菌感染による慢性胃炎の場合の除菌治療は保険適応

次の2点が条件がそろった場合、除菌治療は保険適応となります。

  • 内視鏡検査を受け、除菌適応の病気と診断された
  • ヘリコバクター・ピロリ菌が陽性である

当院では胃がん予防の観点から、積極的にヘリコバクター・ピロリ菌が感染した慢性・萎縮性胃炎対策の除菌治療を行っています。お気軽にご相談ください。

ピロリ菌の除菌療法

2種類の抗菌薬と胃酸の分泌を抑える薬の合計3剤を1日2回、7日間、服用していただきます。除菌療法は1回で効果がでるとは限らず、2~3回の治療を行わなければ除菌できない場合もあります。その場合、1度目の除菌を一次除菌、2度目の除菌を二次除菌、3度目(自費診療になります)を三次除菌と呼び、それぞれ異なる抗菌薬を服用していただくことになります。

抗菌薬の服用終了後、4週間以上経過した時点でピロリ菌が除菌できているかどうか判定検査を行います。判定検査でピロリ菌が陰性であれば除菌療法は成功です。もし一次除菌でピロリ菌を除菌できなかった場合でも、二次除菌では成功する場合が多く、除菌成功率は一次除菌で80%程度、二次除菌ではほぼ100%と考えられています。最近では、最新の胃酸分泌を抑える薬物を用いる事で、一次除菌でも90%近い成功率になっています。

Tel.03-5336-8550お問い合わせ

診療時間

診療時間 日祝
9:00-12:00
16:00-18:00

休診日:水曜日・日曜日・祝日
●<女性医師による診療>
月・火・木・金曜午後は女性医師による診察を行っております。

■土曜午後は、大腸肛門病専門医の代診となります